milterを使った効果的な迷惑メール対策 - milter manager

その他のプラットフォームへインストール

その他のプラットフォームへインストール — その他のプラットフォームへのmilter managerのインストール方法

このドキュメントについて

Ubuntu LinuxCentOSFreeBSD 以外のプラットフォーム にmilter managerをインストールときのヒントを示します。プラッ トフォームに依存しない一般的なインストール情報は インストー ル を見てください。

パッケージプラットフォームの検出

milter-managerはシステムにインストールされているmilterを自動 検出します。どのように検出するかはconfigure時に判断します。 configureの最後に出力される"Package Platform"が判断した検出 方法です。

% ./configure
...
Configure Result:

  Package Platform : debian
  Package Options  :
...

この例だと"debian"系のプラットフォーム用の検出方法を用います。

"unknown"となっている場合は、configureが判断に失敗したか、 milter-managerがサポートしていないプラットフォームかのどちら かです。

もし、configureが判断に失敗しているのであれば、明示的に "--with-package-platform"を指定することができます。

% ./configure --with-package-platform=freebsd
...
Configure Result:

  Package Platform : freebsd
  Package Options  :
...

また、--with-package-optionsを指定することで、付加情報を指定 することができます。付加情報は「名前1=値1,名前2=値2,...」と いうように指定します。例えば、pkgsrcプラットフォームで起動ス クリプトを/usr/pkg/etc/rc.d/以下ではなく、/etc/rc.d/以下にイ ンストールしている場合は以下のようになります。

% ./configure --with-package-platform=pkgsrc --with-package-options=prefix=/etc
...
Configure Result:

  Package Platform : pkgsrc
  Package Options  : prefix=/etc
...

pkgsrcのために、特別に--with-rcddirオプションが用意してありま す。このオプションを使うと、上述の設定は以下のようなオプショ ンになります。

% ./configure --with-package-platform=pkgsrc --with-rcddir=/etc/rc.d
...
Configure Result:

  Package Platform : pkgsrc
  Package Options  : rcddir=/etc/rc.d
...

現在サポートしているプラットフォームはdebian, redhat, freebsd(, pkgsrc)ですが、独自のプラットフォームを指定するこ ともできます。

例えば、新しくsuseプラットフォームに対応するとします。

% ./configure --with-package-platform=suse
...
Configure Result:

  Package Platform : suse
  Package Options  :
...

これでsuseプラットフォームを使用することになりました。後は、 suseプラットフォーム用のmilter自動検出スクリプトをRubyで書く だけです。スクリプトは $prefix/etc/milter-manager/defaults/以下に"#{プラットフォー ム名}.conf"という名前で作成します。今の例でいうと"suse.conf" になります。

$prefix/etc/milter-manager/defaults/suse.confの中では、 milterを検出し、define_milterで検出したmilterを登録します。 milterの登録方法の詳細は 設定 を見て ください。

また、インストール後に現在のプラットフォームを確認する場合は、 以下のようにします。

% /usr/local/sbin/milter-manager --show-config
...
package.platform = "debian"
package.options = nil
...

この場合は、プラットフォームはdebianで、付加情報は指定されて いないということになります。