milterを使った効果的な迷惑メール対策 - milter manager

milter-performance-check

milter-performance-check — MTAのパフォーマンスを計るプログラム

名前

milter-performance-check - MTAのパフォーマンスを計るプログラム

書式

milter-performance-check [ オプション ... ]

説明

milter-performance-checkはMTAの性能を計測するSMTPクライアント です。milter-test-serverでmilterのみの性能を計測し、 milter-performance-checkでMTAとmilterを合わせた性能を計測する という住み分けです。

同様のツールにはPostfix付属のsmtp-sourceがあります。どちらも、 同時に複数のSMTPセッションを張って一斉にメールを送信すること ができます。機能的にはsmtp-sourceの方が高機能です。

milter-performance-checkが便利なのはSMTPセッションの時間のみ を計測してくれることです。smtp-sourceではtimeコマンドと組み合 わせるなどして、smtp-source全体の実行時間を計測します。

実際は、SMTPセッションの時間のみでも、ツール全体の実行時間で もそれほど違いはでないと思います。また、テスト用のメール総数 を多くすればするほど、SMTPセッションにかかる時間が大きくなり、 ツール自体の実行時間による影響は小さくなります。

milter-performance-checkが提供している機能で十分な時は、 milter-performance-checkを利用し、それでは不十分な時は smtp-sourceを利用するとよいでしょう。

オプション

--help

利用できるオプションを表示して終了します。

--smtp-server=SERVER

接続先のSMTPサーバを指定します。

既定値はlocalhostです。

--smtp-port=PORT

接続先のSMTPサーバのポート番号指定します。

既定値は25です。

--connect-host=HOST

接続元のホスト名を指定します。

PostfixのXCLIENT SMTP拡張 のNAMEを利用するので smtpd_authorized_xclient_hosts を適切に設定する必要があります。

--connect-address=ADDRESS

接続元のアドレスを指定します。

PostfixのXCLIENT SMTP拡張 のADDRを利用するので smtpd_authorized_xclient_hosts を適切に設定する必要があります。

--helo-fqdn=FQDN

HELOコマンドでFQDNを使います。

既定値はlocalhost.localdomainです。

--starttls=HOW

1.6.9から使用可能。

STARTTLSを使うかどうかを指定します。指定可能な HOW は 以下の通りです。

auto

MTAがSTARTTLSをサポートしている場合はSTARTTLSを使い ます。(既定値)

always

常にSTARTTLSを使います。

disable

STARTTLSを使いません。

既定値は auto です。

--auth-user=USER

1.6.9から使用可能。

SMTP認証のユーザ名として USER を使います。

既定値はありません。

--auth-password=PASSWORD

1.6.9から使用可能。

SMTP認証のパスワードとして PASSWORD を使います。

既定値はありません。

--auth-mechanism=MECHANISM

1.6.9から使用可能。

SMTP認証の方法として MECHANISM を使います。指定可能な MECHANISM は以下の通りです。

auto

MTAがサポートしている認証方式を検出してそれを使い ます。(既定値)

plain

常にPLAINを使用します。

login

常にLOGINを使用します。

cram_md5またはcram-md5

常にCRAM-MD5を使用します。

既定値は auto です。

--auth-map=FILE

1.6.9から使用可能。

接続するMTAのアドレス・ポート番号ごとにSMTP認証の設定を FILE から読み込みます。 FILE の書式は以下のよう になっており、 Postfixの smtp_sasl_password_maps でも使えます。

SERVER1:PORT USER1:PASSWORD1
SERVER2:PORT USER2:PASSWORD2
...

「smtp.example.com」の「submissionポート」(587番ポート) 宛てのメールは「send-user」ユーザ・「secret」パスワード を使うという設定は以下の通りです。

smtp.example.com:587 send-user:secret

既定値はありません。

--from=FROM

MAILコマンドのアドレスにFROMを使います。

既定値はfrom@example.comです。

--force-from=FROM

送信するメールファイルを指定した場合でも、ファイル中にあ るFrom:の値ではなく、FROMをMAILコマンドのアドレスに使いま す。

既定値はありません。

--recipient=RECIPIENT

RCPTコマンドのアドレスにRECIPIENTを使います。複数の宛先を 指定する場合は複数回このオプションを指定してください。

既定値は[to@example.com]です。

--force-recipient=RECIPIENT

送信するメールファイルを指定した場合でも、ファイル中にあ るTo:の値ではなく、RECIPIENTをRCPTコマンドのアドレスに使 います。複数の宛先を指定する場合は複数回このオプションを 指定してください。

既定値はありません。

--n-mails=N

合計でN個のメールを送信します。複数のメールが同時に送信さ れます。同時に最大で何通送るかは --n-concurrent-connections で指定します。

既定値は100です。

--n-additional-lines=N

メールの本文にN行追加します。

既定値はありません。(追加しません。)

--n-concurrent-connections=N

同時に最大N接続でメールを送信します。

既定値は10です。

--period=PERIOD

PERIOD(単位は秒、分、時間のどれか)の間に指定されたメー ルを送信します。各メールは間隔内で平均的に送信します。単 位を省略した場合は秒として扱われます

例(送信メール数を100とする):

  • --period=5 # 0.05秒間隔で送信(5 / 100)

  • --period=50s # 0.5秒間隔で送信(50 / 100)

  • --period=10m # 6秒間隔で送信(60 * 10 / 100)

  • --period=0.5h # 18秒間隔で送信(60 * 60 * 0.5 / 100)

既定値はありません。

--interval=INTERVAL

INTERVAL(単位は秒、分、時間のどれか)間隔で指定されたメー ルを送信します。単位を省略した場合は秒として扱われます。

例:

  • --interval=5 # 5秒間隔で送信

  • --interval=0.5s # 0.5秒間隔で送信

  • --interval=10m # 10分間隔で送信

  • --interval=0.5h # 30分間隔で送信

既定値はありません。

--flood, --flood[=PERIOD]

PERIOD(単位は秒、分、時間のどれか)の間、ずっと指定され たメールを送信します。PERIODを省略した場合はC-cで終了する までずっと指定したメールを送信します。単位を省略した場合 は秒として扱われます。

既定値はありません。

--shuffle, --no-shuffle

送信予定のメールを無作為に並び替えてから送信します。

既定値はfalseです。(並び替えません。)

--report-failure-responses, --no-report-failure-responses

SMTPサーバが返した失敗時のメッセージを一番最後に表示しま す。

既定値はfalseです。(表示しません。)

--report-periodically, --report-periodically=INTERVAL

INTERVAL(単位は秒、分、時間のどれか)間隔で統計情報を表 示します。INTERVALを省略した場合は1s(1秒)を指定したと扱 われます。単位を省略した場合は秒として扱われます。

既定値はありません。(定期的に統計情報を表示しません。)

--reading-timeout=SECONDS

SMTPサーバからのレスポンスを待つ時間を指定します。 SECONDS 秒経ってもレスポンスが返ってこない場合はエラー になります。

既定値は60秒です。

終了ステータス

常に0。

以下の例では、milter-performance-checkはlocalhostの25番ポート で動いているSMTPサーバに接続し、100通のメールを送ります。それ ぞれのメールの差出人はfrom@example.comで、宛先は webmaster@localhostとinfo@localhostです。

% milter-performance-check --recipient=webmaster@localhost --recipient=info@localhost

以下の例では、milter-performance-checkは192.168.1.29の25番ポー トで動いているSMTPサーバに接続し、/tmp/test-mails/以下にある ファイルをメールとして送信します。ファイルはRFC 2822のメール フォーマットでなければいけません。各メールは3秒毎(60 * 10 / 100)にuser@localhost宛に送られます。--n-mails=1オプションが 指定されているので、それぞれのメールは1通のみ送られます。

% milter-performance-check --n-mails=1 --smtp-server=192.168.1.102 --force-recipient=user@localhost --period=5m /tmp/test-mails/